古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺):世界遺産の旅

古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺):世界の世界遺産や日本の世界遺産をを巡るサイトです。実際に行ってみた世界遺産を中心に、これから海外旅行をする時に行ってみたい世界遺産をピックアップしています。

トップページ > 日本の世界遺産 >> 古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺)

古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺)

古都京都の文化財は、神社・仏閣数多くありますが、 小学生でも知ってる、金閣寺(鹿苑寺)を旅してみます。

古都京都の魅力は、794年に平安京に遷都されて以来、約1200年にわたり政治・経済、文化の中心地として繁栄してきただけに、神社仏閣の建造物をはじめ数多くの文化財が残されています。

古都京都の文化財 代表的な社寺

京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に存在する寺院等の総称で1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されました。

京都市・宇治市・大津市に17もの社寺が古都京都の「文化財」として登録されています。

賀茂別雷神社 (上賀茂神社) ⁄賀茂御祖神社 (下鴨神社)  ⁄教王護国寺 (東寺)  ⁄清水寺 ⁄延暦寺 ⁄醍醐寺 ⁄仁和寺  ⁄平等院  ⁄宇治上神社  ⁄高山寺  ⁄西芳寺 (苔寺)  ⁄天龍寺  ⁄鹿苑寺 (金閣寺)  ⁄慈照寺 (銀閣寺)  ⁄龍安寺  ⁄西本願寺  ⁄二条城  ⁄

鹿苑寺(ろくおんじ) 通称:金閣寺

住所:京都府京都市北区金閣寺町1
鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺院。
鹿苑寺という名は足利義満の法名にちなんでいる。通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山(ほくざん)。1994年(平成6年)に古都京都の文化財として世界遺産に登録されました。
鹿苑寺は世界遺産(古都京都の文化財)に登録されているほか、 庭園は国の特別史跡、特別名勝に指定されています。 kinkaku001.jpg 中心となる建築物である舎利殿を、金閣 寺院全体を、金閣寺 と通称されています。
銀閣(慈照寺観音殿)、飛雲閣(西本願寺)と併せて『京の三閣』と呼ばれています。

金閣寺の歴史と位置

足利義満が西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新。
義満の邸宅として使われていた、北山山荘は、その当時北山殿または、北山第と呼ばれ、 規模が大きいだけでなく、政治の全てがそこに集約されていました。
息子の義持に征夷大将軍をゆずった後も、義満実験を握り、この北山殿で政務を行っていました。

義満の死後に、義持によって舎利殿を残して解体されたのですが、遺言により禅寺となります。
このとき、義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられたという歴史があります。

その後、応仁の乱では、建築物の多くが焼失しました。

金閣寺の位置は、京都市の西北端にあります。西に衣笠山、背後に左大文字山をひかえた景勝の地は、秋の紅葉の時期や冬の雪景色もまた趣があって素敵な場所です。
京都市の北部に連なる北山(キタヤマ)につながる金閣寺の周辺を特に 北山(ホクサン)と呼ぶことがあります。

金閣寺へのアクセス

交通機関 :市バス「金閣寺道」
参拝時間 :午前9:00 ~ 午後5:00
参拝志納料 :大人・高校生400円 小・中学生300円

人気の金閣寺は、いつ行っても人が大勢でゆっくり写真を撮る事もままならないという京都でも人気のスポットです。
ゆっくり見学、散策したいのでしたら、9:00の開門を狙って朝一に出かけることをオススメします。

金閣寺の放火と文学

鹿苑寺金閣は、1950年(昭和25年)、学僧・林承賢(当時21歳)の放火により炎上しています。
※金閣寺放火事件
林承賢は寺の裏山で自殺を図り、彼の母も事情聴取の帰り途保津峡で投身自殺。

この放火事件で金閣は全焼して、国宝の足利義満像も焼失してしまいました。このとき屋上の鳳凰だけは、火災以前に取り外されていたため焼失をまぬがれたため現存しています。

この事件は文学の題材にもなったことはご存知でしょうか。
金閣寺     三島由紀夫
五番町夕霧楼 水上勉
金閣炎上    水上勉

関連カテゴリー: 日本の世界遺産 , 古都京都の文化財

日本の世界遺産関連エントリー

今帰仁城跡 沖縄の世界遺産 ⁄ 古都京都の文化財 醍醐寺 ⁄ 古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺) ⁄ 古都京都の文化財 賀茂御祖神社 (下鴨神社) ⁄ 古都京都の文化財 賀茂別雷神社 (上賀茂神社) ⁄ 古都京都の文化財 清水寺(きよみずでら) ⁄ 古都京都の文化財 醍醐寺 ⁄ 古都京都の文化財 鹿苑寺 (金閣寺) ⁄ 古都京都の文化財 賀茂御祖神社 (下鴨神社) ⁄ 古都京都の文化財 賀茂別雷神社 (上賀茂神社) ⁄ 古都京都の文化財 清水寺(きよみずでら) ⁄