世界遺産問題でPADと住民が衝突:世界遺産の旅

世界遺産問題でPADと住民が衝突:世界の世界遺産や日本の世界遺産をを巡るサイトです。実際に行ってみた世界遺産を中心に、これから海外旅行をする時に行ってみたい世界遺産をピックアップしています。

トップページ > 世界遺産ニュース >> 世界遺産問題でPADと住民が衝突

世界遺産問題でPADと住民が衝突

先日もお伝えした、タイとカンボジアの国境にある遺跡
クメール遺跡 「プレアビヒア寺院(Preah Vihear Temple)」の問題が加熱しています。

タイのPAD(市民民主連合・・・反タクシン・反サマック政権の市民組織)が100台以上の車を連ねて世界遺産のプレアビヒア寺院(Preah Vihear Temple)に向かおうとしていたところ、地元住民らが阻止しようとしたため、衝突が起きて双方に負傷者が出たそうです。

PADは、世界遺産登録に反対するため国境地帯で抗議活動を予定していました

タイ政府は、このような動きを「政府批判を煽ろうとしたもの」と批判して、その意を受けて地元住民の一部が国境近くにテントを設営、市民団体や活動家が国境エリアに入り込むのを阻止する構えを見せていました。

そもそも、タイのサマック首相は7月15日、
世界遺産登録申請に関する共同コミュニケの承認が違憲とされたことについて、
「現行憲法のおかげでタイは世界の笑いものになっている。現在タイの政治が直面している問題の大半は現行憲法が原因」
と述べ、憲法改正が急務との考えを改めて示していました。

クメール遺跡「プレアビヒア寺院(Preah Vihear Temple)」の世界遺産登録に関するタイとカンボジアとの共同コミュニケに外相が調印したことを違憲と判断したことに対して、批判が各方面から出ていました。

世界遺産登録というものが政争になるという例ですが、日本では平泉が世界遺産に落選した事もあまりニュースに上りませんね。
世界遺産に人々の興味がないのか、それ以上の事件が多すぎるのか、国によってこんなに違いが出ることに少々驚いてしまいます。

関連カテゴリー: アジア・オセアニアの世界遺産 , カンボジア , 世界遺産ニュース

世界遺産ニュース関連エントリー

NHK新番組『世界遺産への招待状』 ⁄ 世界遺産問題でPADと住民が衝突 ⁄ 世界遺産登録で混乱 ⁄ 世界遺産問題でPADと住民が衝突 ⁄ 世界遺産登録で混乱 ⁄ イタリアに世界遺産が追加 ⁄ ボルネオ島の世界遺産が危機に・・・ ⁄ 世界遺産問題でPADと住民が衝突 ⁄ 世界遺産登録で混乱 ⁄ 世界遺産への落書きニュース ⁄