世界遺産検定3級 2008:世界遺産の旅

世界遺産検定3級 2008:世界の世界遺産や日本の世界遺産をを巡るサイトです。実際に行ってみた世界遺産を中心に、これから海外旅行をする時に行ってみたい世界遺産をピックアップしています。

トップページ > 世界遺産検定 >> 世界遺産検定3級 2008

世界遺産検定3級 2008

2008年の世界遺産検定は、
2008年9月28日(日)です。

世界遺産検定3級

世界遺産検定3級は初めて受検される方におすすめの内容とレベルになっています。

問題数・時間 は、60問 60分でマークシート方式です。
合格基準は100点満点中、60%程度で合格です。
試験時間3級  12:30-12:45 事前説明
          12:45-13:45 試験(60分)
2007年12月末時点の世界遺産 全851物件が出題範囲となります。

2007年に新規登録された22物件については、5月発売の『世界遺産検定公式基礎ガイド』(毎日コミュニケーションズ発行)にて紹介されています。

また、2008年7月のカナダケベック会議で決まった2008年の新規登録遺産に関する“話題”も時事問題として出題されます。

出題内容

出題分野 出題割合 出題内容
基礎知識 20% 世界遺産を学ぶ上で必要な、根本的な事項についての知識を問います。 ※ユネスコについて/世界遺産誕生の経緯/世界遺産とは/世界遺産登録の流れ/世界遺産の保全/世界遺産と平和
日本の全遺産 25% 日本の世界遺産全14件について、その遺産の価値だけでなく、地理や歴史などの周辺情報も問います。 ※1遺産につき、少なくとも必ず1つの問題が出題されます
自然遺産 10% 日本を除く世界の自然遺産について、地理、地学、生物学、景観などの観点から知識を問います。
文化遺産 35% 日本を除く世界の文化遺産について、地理、歴史、美術・建築様式、宗教、文学などの領域から出題します。
その他 10% 危機遺産や無形文化遺産について、また観光や平和といった関連する分野についてなど、カテゴリーを越えた問題です。

参考 特定非営利活動法人 世界遺産アカデミー

ポイント

世界遺産そのものの丸暗記以外にも、関連する他の物件につや、関連する芸術・文学・建築や、歴史・地理・政治などについて、知識を問う設問がある場合があります。 そのあたりも意識して広く学習、理解しておくことがポイントです。

関連カテゴリー: 世界遺産検定

世界遺産検定関連エントリー

世界遺産検定中級 2008 ⁄ 世界遺産検定2級 2008 ⁄ 世界遺産検定3級 2008 ⁄